現在、受付中の補助金・給付金・支援金について(ここをクリック)

経営業務の管理責任者について(業種追加等に関係するお話)

建設業許可

こんばんは。行政書士の浜田です。

今日は、経営業務の管理責任者について、現在の考え方を少しお話したいと思います。

下記以外にも、要件が色々追加されていますが、結局この要件で出す人が圧倒的なため、下記要件のみお伝えします。

注:めちゃくちゃ大事な話です。知ると知らないとで、1年業種追加できる日が変わってきますから…

従来:建設業許可を取得した後、経験のない業務を追加→6年の経験が必要でした…

令和2年10月改正建設業であればどんな業種かは問われず一律5年の経営経験でOKになりました。
※HPで先生の中には更新していないページ(もしかしたら、改正点すら気づいていない先生もいるかも…)も多数あるため、混同される方が多いような気がします。

なので、専任の技術者さえクリアしていれば、どんどん業種を増やすことは可能です。

でも、なかなかこの専任の技術者がネックになることが多いですよね。

資格を持っていれば、かなり融通がきくのですが、実務経験の専任技術者だと結構キツイです…

それについては、次回お話ししたいと思います。

【編集後記】

久しぶりに六法開きました笑

いつも法律は、インターネットで検索した条文を見るのですが、ブルーライトで目がやられがちな時は、六法見た方が目に優しいですね。

そして、紙の六法は普通の紙より薄く、独特の匂いがします^^

私はその匂いが結構好きですが、どうなんですかね。

最近車の移動が少し多くなりましたが、まだまだ自転車こぎまくりますよ。

今週は、久々にダンスもしようと思ってます。

では。

お電話の場合は、下記か右上の📞をクリック
tel:050-8880-9888(事務所の電話番号ですが携帯に直通で繋がるような設定をしていますので、迅速な対応が可能です!また、電話に出られなかった場合も、この電話番号から折り返しご連絡いたします。)
fax:050-3457-9368

埼玉県の志木・新座・朝霞・和光・富士見・三芳・所沢・さいたま市で建設業許可取得するなら行政書士浜田佳孝事務所へ

タイトルとURLをコピーしました