現在、受付中の補助金・給付金・支援金について(ここをクリック)

経営事項審査を受けようと思ったら注意すべきこと

建設業許可

こんにちは。行政書士の浜田です。

今日は、経営事項審査を受けようと思ったら注意すべきことをお話しします。

前提として、建設業許可を取得していること

経営事項審査を受けるには、建設業許可を取得している必要があります。残念ながら、無許可状態で公共工事をすることは、原則できません(一部、例外がございます。)。

また、建設業許可を持っていたとしても、許可以外の業種での経営事項審査を受けることはできません。舗装工事の経審を受けたいのであれば、舗装工事の許可を持っている必要があります。経営事項審査を受ける際には、受けようとする業種の建設業許可を持っているか必ず確認しましょう。

決算期を一度でもむかえていること

経営事項審査は、「直前の決算期」の完成工事高や財務諸表について審査が行われますので、建設業許可を取得しただけでは、まだ、経営事項審査を受けることができません。
※決算期を迎えて、納税申告を行い、決算変更届を提出してから経営事項審査を受審することになります。

決算後から経営事項審査を受けるまで

「決算変更届→経営状況分析→経営事項審査」のステップになります。

1.決算変更届の提出

経営事項審査を受審するには、決算変更届の提出が必要です。最低1期、決算変更届の提出がなされていないと経営事項審査を受審することはできません。
※決算変更届はすべて「消費は税抜」で記載することになります。
工事経歴書が経営事項審査を受けないときと、経営事項審査を受けるときとでは書き方が異なります。
詳細は、埼玉県の場合、建設業許可の手引きに記載があります。

2.経営状況分析の申請

経営事項審査を受けるには、経営状況分析の結果通知書が添付資料として必要になります。そのため、経営事項審査を受審する前に、経営状況分析を受けることになります。
※経営状況分析は、経営状況分析機関に対して行います(いくつか行っている機関がございます。)。

3.経営事項審査へ

決算変更届の提出→経営状況分析が終わったら、経営事項審査に進みます。
経営事項審査は予約制です。予約方法は、埼玉県では、経営事項審査申請の手引きに記載してあります。

工事経歴書の作成と資料の準備

経営事項審査で最も大変なのが、「工事経歴書の作成とその資料の準備」です。

【工事経歴書の作成】

埼玉県の経営事項審査申請の手引きより抜粋

※埼玉県の場合、工事経歴書に記載されている工事に係る工事請負契約書の写し等の提出は、建設工事の種類毎に請負代金の大きい上位3件必要です!
工事経歴書の記載に不備や間違いがあると、資料を再度作成し直さなければなりません

無事、経営事項審査が完了すれば、その後は入札参加資格申請等の手続きがございます。
※経営事項審査=入札参加ではありませんので、ご注意ください^^
また、入札参加登録=公共工事受注でもないので、ご注意ください。

【編集後記】

今日は、午後、建設業許可の申請で埼玉県庁に行きましたが、約2時間待ちでした。

…GW前に駆け込みで出す人も多いのでしょう。金曜日はもっと多そうですね^^

待ち時間、暇だったので本を読んでました。

最近は、社労士登録を意識した本を読むようにしています。

早く社労士登録完了させたいですね!

お電話の場合は、下記か右上の📞をクリック
tel:050-8880-9888(事務所の電話番号ですが携帯に直通で繋がるような設定をしていますので、迅速な対応が可能です!また、電話に出られなかった場合も、この電話番号から折り返しご連絡いたします。)
fax:050-3457-9368

埼玉県の志木・新座・朝霞・和光・富士見・三芳・所沢・さいたま市で建設業許可取得するなら行政書士浜田佳孝事務所へ

タイトルとURLをコピーしました