現在、受付中の補助金・給付金・支援金について(ここをクリック)

相続税対策について

遺言・相続

こんにちは。行政書士の浜田です。

今日は、本業とは少し違う話題を一つ。

相続税を少しでも軽減したいですかと聞かれ、「はい」という人は多いと思いますが、そもそも生きている間にそんなことを意識する人って少ないですよね…

最近FPの試験を受けてきたこともあり、そこで学んだ知識を一つ紹介したいと思います。

それは…生命保険契約にはたくさんのメリットがあるということです。

例えば、

①生命保険の保険金(死んだ時にもらうお金)は原則として税金がかかりますが、生命保険には「非課税枠」というものがあります。非課税となる上限は、「500万円×法定相続人の数」で算出できる金額となり、その上限内であれば保険金という形で、相続人は非課税で相続できるのです。例えば、夫婦と子が2人いる家族で、夫が死亡したと仮定するなら、法定相続人が妻と子の計3人のため、500×3人=1500万円の非課税となります。
ただし、注意点としてはどの生命保険でもいいというわけではないことです。

…では、どのような生命保険ならいいのでしょうか?
それは「終身保険」です。終身保険は一生涯の保障があり、死亡時に保険金が支払われますが、定期保険の場合は保障が一定期間のため、その期間を過ぎると保障がなくなるからです。

もう一つの注意点は、「保険契約者」「保険金の受取人」の設定です。
「保険契約者=被相続人(つまり資産の所有者で、死んだ人のこと。上記の例でいうと、夫に当たる)」「保険金の受取人=相続人(妻や子のこと)」と設定しましょう。こうすることで、被相続人が亡くなった場合、相続人は上限内(上記例でいうと、1500万円まで)であれば非課税で保険金を受け取ることができます。

また、生命保険は、銀行の預金よりも利息が良い場合が多かったりと資産運用としても有効です。

特に、関東圏の土地等は資産価値が高いので、その他特例等もありますが、資産所有状況によっては一般的な家庭でも相続税がかかるケースが0%とは言えないので、是非一度考えてみてください。

代表紹介はこちら

タイトルとURLをコピーしました