現在、受付中の補助金・給付金・支援金について(ここをクリック)

建設業法を遵守することの大切さについて

建設業許可

こんばんは。行政書士の浜田です。

本日は、建設業法の一部について触れていきたいと思います。
タイトルは、建設業法を遵守することの大切さについてです。

建設業法の第8条に、欠格要件というものがあります。
簡単に言うと要件に該当する人には、建設業の許可をしちゃだめですよ…というものです。

この要件に該当するものとして、労働基準法違反の場合というものがあります(誤解を恐れずにざっくりと分かりやすいように書いていきます)。

例えば、
・法定労働時間を遵守していない場合
・時間外・休日・深夜の割増料金を払っていない場合
・年次有給休暇を取らせなかった場合等々
例を挙げればキリがないのですが、上記を見ると普通にアウトな会社は世の中に多分いっぱいありますよね…(厳密にいうと1分でも時間外労働させれば、賃金は発生します)。

こういった場合、万が一ですが、違反がばれて懲役刑に処せられたような場合については、建設業法に書いてあるとおり建設業の許可が取り消されることになります。

さらに、刑の執行が終わった後、5年間は建設業の許可を取得することはできなくなってしまいます

これって普通に廃業コースになると思いませんか。

そうならない仕組みを取り入れていますでしょうか。

そんな社長のためのセミナーは、現在開催中ですので、お早めにお申し込みください(残席2名です
2月21日(日)で締切ります。)

現在、新規のお客様へのアプローチをさせていただいてますが、上記のような問題点を明らかにしていくコンサルティングも当事務所は行っていますので、労務管理や人間関係にお悩みの方も是非、一度ご相談ください。

【編集後記】

今日は、久しぶりにダンスをしてきました。約1か月ぶりくらいです。
やっぱり運動することはいいもんですね。

ストレス解消になりますし、明日も頑張ろう!という気になります。

業務内容はこちら

現在開催中のセミナーはこちら

タイトルとURLをコピーしました