CATEGORY

建設業許可役立つ情報(発展編)

  • 2021年5月24日
  • 2021年5月24日

撤去工事は、解体工事になるのか?

おはようございます。行政書士の浜田です。 今日は、撤去工事について触れていこうと思います。 似たような記事で、「外壁工事」については、こちらから! 結論から申し上げますと、撤去工事は、建設業許可の業種にはありませんので、具体的に何を撤去するのかによっ […]

  • 2021年5月17日
  • 2021年5月24日

そもそも人工出しは可能なのか?

こんにちは。行政書士の浜田です。 今日は、建設業界で常態化している人工出しについてお話ししようと思います。 まず、建設業務については、「有料職業紹介事業」「労働者派遣事業」は行えないことになっています。 有料職業紹介事業とは 無料の職業紹介以外の職業 […]

  • 2021年5月6日
  • 2021年5月17日

解体工事業について(許可と登録)の違い知ってますか?

こんばんは。行政書士の浜田です。 今日は、解体工事業について、お話しします。 特に「登録」に焦点をあてて解説します。 解体工事業の「許可」と「登録」の違いについて 解体工事業といっても、許可制のものと登録制のものがあるのはご存知でしょうか? まとめる […]

  • 2021年5月4日
  • 2021年5月17日

建設業許可を受ける際の欠格要件について

こんにちは。 行政書士の浜田です。 今日は、建設業許可を受ける際の欠格要件について触れていきます。 結論から申し上げますと欠格要件に該当する場合、建設業許可を受けることができません。 欠格要件(建設業法第 8 条)は以下のとおりです。 ① 許可申請書 […]

  • 2021年4月29日
  • 2021年5月17日

経営事項審査を受けようと思ったら注意すべきこと

こんにちは。行政書士の浜田です。 今日は、経営事項審査を受けようと思ったら注意すべきことをお話しします。 前提として、建設業許可を取得していること 経営事項審査を受けるには、建設業許可を取得している必要があります。残念ながら、無許可状態で公共工事をす […]

  • 2021年4月25日
  • 2021年5月17日

2021年4月からの経営事項審査の改正点(概要)

こんにちは。行政書士の浜田です。 今日は、経営事項審査に関わる変更点について、軽くお話しします。 監理技術者補佐がいることによる加点 監理技術者を補佐する資格を有する者 具体的には…主任技術者資格+・1級建設機械施工技士補(建設業法)・1級土木施工管 […]

  • 2021年4月20日
  • 2021年5月17日

経営業務の管理責任者(社長等)に万が一何かあったら…

こんにちは。 行政書士の浜田です。 今日は、これまで2社ほど遭遇した、社長に万が一何かあったら(実際、1社はあった)ケースについてお話しします。 ケース代表取締役の社長が1人で、後は社員の会社 この場合、万が一社長が経営業務の管理責任者をできなくなっ […]

  • 2021年4月11日
  • 2021年5月17日

建設工事は契約書が必須なの知ってますか?

こんばんは。行政書士の浜田です。 今日は、建設業法ネタで行こうと思います^^ ちなみに、私は、公共工事の発注者として公務員で技術職として活動していました。そのため、他の行政書士より、現場を意識した相談等に乗れることができます。 その経験と、現在の仕事 […]

  • 2021年2月16日
  • 2021年5月17日

建設業法改正(法人成り)について※個人事業主の許可を法人へ引き継げます!

こんにちは。行政書士の浜田です。 まだまだ、セミナーの受付ですが、今週の日曜日で締め切りますので、自社の管理体制に不安な方は一度受講してみてください。 ノーリスク、ハイリターンの情報を提供します。 さて、今日のテーマは、建設業法改正の一部紹介について […]

  • 2021年2月15日
  • 2021年5月17日

建設業法を遵守することの大切さについて

こんばんは。行政書士の浜田です。 本日は、建設業法の一部について触れていきたいと思います。タイトルは、建設業法を遵守することの大切さについてです。 建設業法の第8条に、欠格要件というものがあります。簡単に言うと要件に該当する人には、建設業の許可をしち […]

>業種・地域特化が当事務所の特徴です。

業種・地域特化が当事務所の特徴です。

業種特化だからこそ、専門性が高い!地域に特化しているからこそ、圧倒的なスピードとリスポンスの速さ!だからこそ、選ばれています。そんな事務所に依頼してみませんか。

CTR IMG