Q
他所で許可が取れないと言われたのですが、取れますか。
A

まずは一度、お話しをお聞かせください!その上で、取れるかどうか判断させていただきます。建設業に精通していない行政書士の場合、誤った解釈をしている可能性があるため、しっかりとお客様のお話をお伺いしますので、ご安心ください。

Q
普段、月から金(土)まで現場があるため、日曜日しか相談ができないのですが…。また、平日も夜しか空いていません。でも、だいたい土日祝日が休みの行政書士事務所がほとんどで…建設業の許可手続きの話は進めていかないとと思っているので、困っています…。
A

一度、ご連絡ください。事前にご連絡いただいていれば、土日祝日、夜間もご対応させていただきます。

Q
料金は、前払いになりますか。
A

建設業許可の場合、申請する際に証紙代というものがかかります。証紙代だけは、事前にいただきますが、行政書士への報酬については、許可取得後で大丈夫ですので、ご安心ください(万が一、許可が取れなかった場合は報酬は頂戴しません。)

Q
是非、お願いしたいと思っているのですが、相談は有料ですか。
A

基本的に、依頼が前提での相談であれば、建設業許可取得、人事労務等の相談については、無料で行っております。

Q
費用はいくらぐらいかかるのでしょうか。
A

新規許可や更新、事業年度終了報告書等様々なサービスがあります(最低料金は、ホームページにございます。詳細はこちらへ。社労士業務はこちらへ。)。詳しくは、お話しを伺った上で、お見積をさせていただきます。また、お見積を出したからといって、無理に契約をせまるようなことはしませんのでご安心ください。

Q
社会保険労務士・行政書士と聞くと依頼をするのにハードルが高そう。偉そうに対応されないか心配です。
A

ご安心ください。当事務所の社会保険労務士・行政書士は、一般の民間企業等の社会人経験もあり、30代でフットワークも非常に軽く、親切・丁寧に親身になってご対応いたします。よくある高齢の社会保険労務士・行政書士やベテランの社会保険労務士・行政書士のように、上から目線で対応するようなことは一切ございません。お客様のお悩みをとことんお聴きします!遠慮なくご相談ください!