実務経験確認資料等について

こんばんは。行政書士の浜田です。

建設業許可取得のための書類に様々な確認資料があります。

確認資料は、

・営業所の確認資料、
・経営業務の管理責任者の経営経験、
・専任技術者の資格、学歴、実務経験、
・経営業務の管理責任者と専任技術者が常勤であること
・財産的基礎、保険加入状況
・役員等氏名などを
証明するための裏付けとなる書類のことです。

申請書に記載されているこれらの情報が、
「客観的に正しいか」どうかを、確認資料を使って
裏付けていくことになります。

建設業許可を取得する中で一番大変な作業になるのが、確認資料の部分であったりします。

5年以上の経営経験がある、10年以上の実務経験がある、
などということが過去の事実であったとしても、
これを口頭での説明しても、証拠にはなりません。
行政庁に「客観的に正しい」事実として
提示する必要があるため、「書面上」で確認が行えるように
客観的な資料を準備する必要があります。

確認資料の中には、過去に在籍した会社からもらう必要が生じる書類であったり、
現段階で手元にないもので新たに作らなければならない書類などが含まれる可能性があるので、
過去に在籍した会社などから協力が得られるように、日頃から良好な関係を築くようにしておけば許可申請がスムーズに行えたりするので、是非参考にしてください。

料金はこちら

埼玉県の志木・新座・朝霞・和光・富士見・三芳・所沢・戸田・さいたま市で建設業許可(新規・業種追加・更新許可等)取得したいなら 行政書士浜田佳孝事務所へ

この記事を書いた人