何故、私は区画整理地内を歩き回っているのか?

こんばんは。行政書士の浜田です。

最近、区画整理のお問い合わせが少しずつ増えてきています
みなさん、色々分からないことだらけで不安を感じているのでしょう。
補償金や移転先、手続き関係の悩み等さまざまです。
チラシを近隣の区画整理事業地内に配っているためですが、それを見て問い合わせいただける機会が多いです。現在、チラシを配布した方のみ、相談料1,000円/1世帯にしています。先着5名様にしていますので、お悩みをお持ちの方は早めにご連絡ください(ちなみに残り3名です。)

今日は、何故私が区画整理事業地内にわざわざ足を運んでいるのか、その理由についてお話しします。

一つ目は、私のことを知ってもらうためです。
そもそも区画整理を専門にしている業者は限られています。
その中で、地権者様に寄り添って移転に伴う問題を解決するサポートをしているのは実質私だけだと思っています。
さらに、区画整理のみならず、その人に生じた区画整理を含む問題(遺言、相続等を含めた問題対応に当たることもできます!)に対応できる専門知識やチームを持っているのも私しかいないでしょう。
しかし、一般の方はそんな専門家がいることも知らないと思います。
まずは、私がいるということを知ってほしい!そのためにポスティングをしています。
近隣に移転が難しそうな高齢の世帯の方がいれば、是非私を紹介してください。
引っ越しを含め、原則、移転完了までの手続き等のお手伝いをすべて行います!

士業として、身バレをしているので逃げも隠れもできませんし、そういった意味ではよくわからない人に依頼するよりは信頼はできると思います。

二つ目は、私自身が現場の状況を知りたいからです。
土木工事もそうですが、現場に行くことでわかることも多いです。
造っている道路を見ても、各市で全く違う製品や考え方をしていることもあります。
また、各市ごとに補償の基準も異なることもあります。
地形(高低差や河川がある等)によっても区画整理の進捗に大きな影響を与えるので、そういったことも含め、現場を見ておきたいと思っています。

三つ目は、色んな人とお話しをする機会を得られるからです。
訪問させていただく中で、お声かけいただいたり、また、こちらからお声がけすることもあります。
その中で、色んな貴重なお話しを聞けたりすることもあり、現場の生の声を聞くことによってわかることもあったりします。
区画整理の進捗状況は、各市によりまちまちなので、情報収集をすることはとても大切なことだと思っています。

もし少しでも移転を市からお願いされているような世帯があり、自分では移転は難しいと思われる方であったり、少し知恵を借りたいという方であったり、周りにそういった方がいらっしゃれば私のことを思い出していただければと思います。

【編集後記】

開業して早一か月を過ぎました。
色んな手続き代理や相談を受けることがありますが、
自分の人生についても振り返ったり、見直すキッカケになったと思います。

安定した公務員をやめて、もったいないという言葉をいただくことが
多いですが、公務員を辞めたことについて今でも後悔をしたことはないです。

私自身、公務員もいつまでも安定していると考えてないですし、
それこそ私が65歳になったときは、公務員にもクビのような制度が確立されて
いるんじゃないかなと思っています(注:あくまで、個人的な意見です)。

収入の不安が一番大きいですが、自営業をしなければそもそも収入を心配する心境にも
ならないですし、やっぱり自営業を始めたことで色々なことにチャレンジする
ことができています。

今の環境に感謝しつつ、自分の人生をエンジョイさせるために、やれることを
しっかりやり切ろうと思います!

他の記事はこちら
事務所紹介はこちら


この記事を書いた人