国交省/一般土木の建設キャリアアップシステム(CCUS)モデル工事、Cランクで36件試行/直轄以外も導入広がる

こんばんは。建設業界出身の社会保険労務士・行政書士の浜田です。

今日は、日刊建設工業新聞様の記事を取り上げます。

以下、日刊建設工業新聞様の記事

国交省/一般土木の建設キャリアアップシステム(CCUS)モデル工事、Cランクで36件試行/直轄以外も導入広がる  [2021年8月4日1面]

 国土交通省は直轄の一般土木工事を対象とした建設キャリアアップシステム(CCUS)モデル工事の実施状況をまとめた。7月16日時点で契約・公告・入札情報サービス(PPI)公表済みの2021年度契約工事のうち、WTO政府調達協定の対象工事で予定しているモデル工事は発注者指定の「CCUS義務化モデル工事」を中心に67件。受注者希望の「CCUS活用推奨モデル工事」はBランク工事で10件、Cランク工事でも地元建設業協会が賛同した21都府県で36件を予定している。
 国交省は21年度、WTO対象の直轄一般土木工事でCCUSモデル工事を原則適用する。直轄Cランク工事でも各地の建設業界の賛同を得た上でモデル工事を試行中。6月までに21都府県の建設業協会が賛同し、5県(三重、香川、高知、佐賀、長崎)の協会が検討している。
 WTO対象工事で20年度に実施したモデル工事は契約ベースで38件。21年度に予定しているモデル工事67件のうち、63件は義務化モデル工事、残りの4件は活用推奨モデル工事となる。地方整備局別に見ると、▽北海道=1件▽東北=5件▽関東=24件▽北陸=3件▽中部=9件▽近畿=13件▽中国=6件▽四国=2件▽九州=3件▽沖縄=1件。
 Bランク工事の活用推奨モデル工事は20年度の契約ベースで4件。21年度は北海道7件、中部1件、九州2件を予定している。Cランク工事の活用推奨モデル工事は20年度の契約ベースで18件。21年度は都道府県別に1~5件を試行する。
 モデル工事のフォロー調査などを通じ導入メリットの周知を含めた公共工事でのCCUS普及方策を検討する。直轄のほか都道府県や独立行政法人などでもモデル工事の導入は広がっている。6月までに22県が公共発注の企業評価にCCUS導入を表明し、残りの全都道府県も検討に入った。

ということです。

【用語解説】

WTO政府調達協定の対象工事とは

WTO対象の入札とは、日本を含む海外諸国が加盟する世界貿易機関(WTO)の協定の一部である政府調達協定によって競争入札をすることが義務付けられた一般競争入札( WTO対象)のことです。

WTO対象の入札で代表的なものは、政府調達協定対象の大規模工事です。
これらは、政府が行うものだけでなく、都道府県や政令指定都市が行うものも対象となり、金額は令和2年度~令和3年度の場合は、建設工事について政令指定都市等は23億円が基準だったりします。

ということで、大規模工事は建設キャリアアップシステム(CCUS)導入を行っていく他、規模の小さめの工事も積極的に建設キャリアアップシステム(CCUS)を行っていく方向で進められていることが分かりますね。

【編集後記】

台風が2つまとめて来たので、3連休は土曜日以外は自宅待機でした。

子どもとゲームをしたり、なわとびをしたりでゆっくり過ごすことができたので良かったです。

また、明日から頑張ります。

当事務所について

当事務所は、1級土木施工管理技士所有の行政書士による行政書士業界では珍しい「建設業専門」の行政書士事務所です。また、社会保険を熟知している建設業界に強い社会保険労務士事務所でもあります。

建設業「許可」専門でやっているような書類代行だけやっている先生より、「建設業に携わるのはどのような方で、何故そもそもその人たちが必要なのかといった」工事現場を通して肌感覚で感じた経験のあることで、様々な事例や相談に柔軟に対応できる元市役所職員(技術職)で現場の監督員経験もある行政書士がフットワークよく丁寧に対応させていただきます。

✅ 来所の手間がありません!基本、ご訪問させていただきます。

✅ 当事務所は、オンライン等での対応も可能です。多少の資料等のやり取りはあると思いますが、必要に応じてオンラインで対応させていただくことも可能です。 

✅ 「顧問契約を結んでいただけるお客様」については、新規許可及び業種追加の際の報酬は「半額」になります。※問い合わせ多数のため、早めに締め切る可能性がございます。

✅ もちろん、社会保険労務士としての契約だけでも全く問題ございません。建設業界に精通し、業務特化していることから建設業に関する最適なアドバイスをさせていただきます。

✅ 行政書士業務もしていることから、建設業許可関係もまとめて依頼できるので、他事務所と比べてコスパが圧倒的にいいです。

※単純に建設業許可といっても、近年の法改正で社会保険加入が義務化されていたりしています。そのため、社会保険を知らない行政書士が建設業許可申請を行うと、思わぬとばっちりを食らう可能性があります
また、現場のことを理解していない行政書士が建設業許可の手続きを行うと、後々、業種の追加や公共工事に参入する際等に思わぬ問題が生じる可能性がございます。
⇒当事務所は、上記のとおり現場のことも社会保険のことも熟知しているため、思わぬトラブルを事前に回避することができますので、ご安心ください。

埼玉県の志木・新座・朝霞・和光・さいたま市・富士見・所沢・三芳・戸田・蕨・川口・ふじみ野・川越・狭山・入間市で建設業に関すること(建設業許可、更新、業種追加、事業年度終了報告書、建設キャリアアップシステム、人事労務、助成金、補助金)なら社会保険労務士・行政書士浜田佳孝事務所へ

この記事を書いた人